巨大彫刻20点ずらり、開幕へカウントダウン

20090917a.jpg UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)を前に、会場の常盤公園野外彫刻展示場に作品20点がそろった。来月3日からの開催に向け、周辺では準備が急ピッチで進んでいる。

オープニングセレモニー会場前のときわミュージアム本館の壁には幅90cm、長さ9mの看板が掲げられた。作品の図録の作成が進められており、第2企画展示室では同時開催の模型展の準備も行われている。
今回から公募制に変わったことで、模型審査を通過しての実物大制作は20-30歳代の若手作家が増えた。現地制作のピークだった先月は、会場で制作の様子を公開する作家もおり、開催前に宇部市民は交流を深めた。
同ミュージアムの山本容資学芸員は「多くの人に作品の魅力を分かりやすく伝えられる会場づくりに務めたい」と話した。

カテゴリー:教育・文化2009年9月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single