上宇部学童保育教室生が市成人式実行委にエコキャップ11,200個

11.5_2.jpg

発展途上国の子供たちのワクチン代とするため、ペットボトルのキャップ(エコキャップ)を集めてきた上宇部学童保育ひまわり教室(70人)は4日、同じ趣旨で活動している宇部市成人式事業実行委員会(久保雅弘委員長、17人)に1万1,200個を渡した。

来年1月10日に記念会館で開かれる成人式までに20万個(ワクチン250人分)を回収することを目指す実行委の力になろうと、引き渡しを決めた。
同教室は、上宇部会館入り口に回収袋を置き、今年7月からエコキャップ集めを開始。同会館を利用する教室生や地域住民らの協力もあり、4カ月間でワクチン14人分に相当するキャップが集まった。

カテゴリー:教育・文化2009年11月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single