UBEビエンナーレを子供たちがガイド

「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)子どもガイド」が12日、常盤公園野外彫刻展示場で行われた。見初小の6年生22人が、彫刻学習に訪れた同小の3、5年生や、一般市民に第25回展の入賞作品8点の特徴などを、自分なりの言葉で説明した。
地域の文化への愛着、知識を深めてもらおうと、2011年度から市内の小・中学校で彫刻授業を行っている彫刻教育推進事業の一環で、子供たちによるガイドは初めて。
6年生は2年前から、彫刻の学習、制作などに取り組んでおり、今回のガイドに向けては会場での作品鑑賞や、市ふるさとコンパニオンのメンバーからガイドの方法を聞くなど、事前に準備した。
会場では、3班に分かれて、各班が8点全てを紹介。大賞の宇部市賞に輝いた「Our Love」では見ている人たちに「触ってみてください」と促したり「どんな感触でしたか」「温度はどうでしたか」と質問したりして、作品への興味を引き寄せながら、コンセプトなどを説明。「この作品はハートの形をしているので、世界のみんなが仲よくなればいいと思う」などと、作品への思い、考えも伝えた。

カテゴリー:教育・文化2013年11月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single