高校生がスペインの市長に浴衣製作

宇部フロンティア大付属香川高生活デザイン科の生徒が、スペイン・カステジョン市(以下カ市)のアンパロ・マルコ市長のために浴衣を製作し、来月に同市を訪れる久保田后子市長に託した。

製作したのは同科ファッションデザインコースの全2年生18人。ちょうど授業で浴衣を作っており、市に提案した。

柄は、カ市の市旗にある赤、緑、黄が使われている物を選択。6月中旬の10日間、放課後に、協力しながらほぼ手縫いで仕上げた。

28日には、級長の末永愛奈さん、田原愛矢乃さん、堀江夏希さん、藤谷香奈さん、的場美由紀さんが市役所を訪問。久保田市長に製作過程やこだわりを話し、手渡した。

末永さんは「マルコ市長は着物が好きと聞いた。みんなで協力して作ったので喜んでもらえれたらうれしい」と語った。

久保田市長は「すてきな浴衣をありがとう。皆さんの学びの成果が、宇部市とカ市の友好をつなぐ。きちんと渡してきたい」と感謝を述べた。

カテゴリー:行政,教育・文化2018年6月29日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
single