藤山中生徒が万引き防止点検

藤山中生徒による防犯活動「check(点検)&check(抑止)作戦」が12日、宇部市東平原2丁目の丸久藤山店(和田吉則店長)で行われた。生徒会執行部員11人が店内を巡回し、商品の陳列状況や防犯設備を確認した。

中学生の視点で点検し、万引きさせない環境づくりに役立てようと実施。宇部警察署員、少年相談員なども応援に駆け付けた。

チェック用紙を手にした生徒たちは早速商品の並べ方を見たり、防犯カメラ、ミラーの位置を確認したりした。「商品がきれいに並べられていて、見通しがよく、店員が客の位置を把握しやすい」「防犯カメラの位置の工夫を」といった意見が出た。和田店長は「お客さまに安心して買い物してもらえる店にしたい。防犯カメラの増設も視野に入れている」と話していた。

小川詩織生徒会長は「店内に、死角が多いことにびっくりした。万引きは絶対に許されないことだと、強く訴えていきたい」と意気込んだ。

カテゴリー:教育・文化2018年3月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ