第53回池坊中国五県連合花展が開幕、あすまで

第53回池坊中国五県連合花展は1日、宇部市俵田体育館で始まった。「光・風・香り・そして華の道」をテーマに、65支部2支所の443人が437作品を出瓶。戦国時代を舞台に華道家元のエピソードを描いた映画「花戦さ」(6月3日公開予定)に出演する俳優の吉田栄作さんも来場し、大会を彩った。華道家元池坊中国五県連合支部主催。宇部日報社など後援。2日まで。

開会行事には、華道家元池坊の池坊雅史事務総長、久保田后子市長、吉田栄作さんらが出席。久保田市長が「花と緑の工業都でこの大会が催されることをうれしく思う。花の持つ力を感じてください」、吉田さんは「野村萬斎さんが演じる池坊専好は花を手に力ではなく心で権力に立ち向かった人。私はその敵役の石田三成を演じるが、花の魅力が満載の映画。ぜひ足を運んで」とPRした。この後、テープカットした。

吉田さんを一目見ようと大勢の女性が詰め掛けた。

会場では、華道家元四十五世の池坊専永さんが特別出瓶した作品や、花展コンクールの受賞作品などが並び、今年で555年を迎えた池坊の世界を繰り広げていた。2日は午前10時から午後4時まで。

カテゴリー:教育・文化2017年4月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single