県美術展覧会の大賞にピビリさん

第72回県美術展覧会の大賞に山口市在住のイタリア人画家、ロベルト・ピビリさん(58)のインスタレーション「椹野川沿いのイノシシの行進」が輝いた。県立美術館が7日、審査結果を発表した。入賞・入選作品114点は、14日から3月3日まで山口市亀山町の同館で展示される。

応募297点の頂点に立ったピビリさんの作品は、囲碁の対局者を突然失ったかに見える畳の間と、雪の中を進むイノシシの親子をふすま絵風に描いた壁を組み合わせた和風の空間アート。碁盤を挟んで2枚の座布団が整然と置かれた4枚の畳の上には白と黒の碁石を散らしている。

ピビリさんによると、今年のえとでもあるイノシシは力強さ、畳の間は戦いの場やビッグバーンを表しており、「イタリアの手法で、日本の様式や雰囲気を取り入れながら、愛する日本や山口を描いた」という。アクリル絵の具や墨汁、パラフィンを画材としたイノシシの絵には、大好きな場所だという新鰐石橋交差点付近の風景を描き込んでいる。

ピビリさんは2016年9月に、兵庫県出身の料理研究家で妻の粉川妙さん(市の地域おこし協力隊員)とともに来市。同展への出展は2回目で、前回展でも入選している。

このほか、山口市の田中真理子さん(23)が最年少入賞を果たすなど山口、宇部両市の6人が佳作入賞、山陽小野田市を含めた3市から25人の29点が入選した。

表彰式は展示会初日の午前10時から同館で行われる。開館時間は午前9時~午後5時。18日と25日は休館。観覧料は一般500円、学生400円。70歳以上と18歳以下無料。

会期に合わせて、同館(同展)を中心に、一の坂川から中心商店街にかけての中心市街地で、県総合文化祭HEART(ハート)2018と題したアートイベントが展開される。

地元関係の入選・入賞者は次の通り。(敬称略)

▽大賞=ロベルト・ピビリ(山口市)「椹野川沿いのイノシシの行進」
▽佳作=井岡義朋(山口市)「平成・贋作・転生」、石原次雄(宇部市)「暗夜の滝」、レ昇る(山口市)「オレンジな郷のお祭り風景」、太田晃貴(山口市)「アカルイミライ」、小野茂紀(同)「能面根付」、古賀隆光(宇部市)「人類へⅡ」、田中真理子(山口市)「朝の線―生まれて8324日目から8372日目」
▽入選=稲田絵美(宇部市)「どんなひにも」、植野大作(同)「少年の推測」、太田晃貴(山口市)「あたらしいせかい」、岡野幸絵(宇部市)「わたし」、河田徹也(山口市)「もぎ・もぐ・タイム」、黒田悌弘(同)「さむい朝―幼友達」、重村哲雄(同)「エイリアン」、嶋本葉介(宇部市)「焼締手桶花器」「炭化窯変壺『星雲』」、響月(山口市)「救いはありますか。ただ、ただ黙々と…」、時浦道子(同)「つなぐ」、西林美奈子(同)「風光る」、原田雅子(同)「宇宙へ」、藤井幸江(宇部市)「花はうつろふ」、古川勝也(山口市)「牛の乳」、古谷幸明(宇部市)「0時の壁・月あかり まき」「0時の壁・記憶のあと」、保手濱拓(山口市)「vive hodie(冬)」、久遠湖(山陽小野田市)「雪」、松本晃弘(同)「最初に引かれる線のこと」、守山幸伸(宇部市)「bird」、山口功(山口市)「殻的生命体」、山下正子(同)「水縹の空」、山根憲之(宇部市)「恥の上塗り」、山根みどり(山口市)「プラ・ネット」「散華結実」「散華乱舞」、山本ふみ子(宇部市)「椿雪中(まき)」、吉見健太郎(山口市)「起源」

カテゴリー:教育・文化2019年2月8日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter