文化財防火デーを前に高泊神社で訓練

26日の「文化財防火デー」を前に、山陽小野田市教育委員会と宇部・山陽小野田消防局は24日、高泊神社で防火訓練を行った。地元住民や関係者が参加し、通報、初期消火、重要物の搬出など、古里の文化財を守るための手順を確認し、万が一に備えた。

参拝者が拝殿から出火しているのを発見したという想定で訓練を開始。社務所にいた吉本正彦権禰宜(ねぎ)や地域住民が通報、初期消火、重要物の搬出に分かれて行動し、消防隊が到着するまでの被害の拡大を防いだ。水消火器の使い方の訓練も行った。
小野田消防署の中野公次署長は「それぞれの役割できびきびと行動しており、よい訓練ができていた。火を出さないことを念頭に置き、文化財を後世に残していこう」と講評。吉本権禰宜は「万が一の時はきょうの訓練を生かせるようにしたい」と話した。
同神社は1688年に、造成された高泊開作の五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願して建てられ、市指定文化財「高泊御開作新田記」が保管されている。

カテゴリー:教育・文化2014年1月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ