常盤公園で青空読書会

第47回青空読書会が31日、常盤公園のときわミュージアム本館東側で開かれた。幼・保育園児から小学3年生までの子供331人と、保護者ら大人162人が参加。風の通り抜ける木陰で、せみ時雨を聞きながら、絵本や紙芝居を満喫した。

豊かな感性を育もうと、宇部市教育委員会が実施する夏休み恒例の読書会。市内の小学校の先生13人と、市立図書館に登録している読み聞かせのボランティア29人、中級講座の受講者6人が、絵本や児童書、紙芝居、パネルシアターなどを披露した。
開会式では白石千代教育長が「たくさんのお友達が参加してくれて、とてもうれしい。ゲームなどを交えながら本を読んでもらい、楽しいひとときを過ごして」と呼び掛け、ボランティアには子供たちと本をつなぐ活動に感謝した。
子供たちは学年ごと18グループに分かれて、シートに座り、次々と繰り広げられる物語の世界にくぎ付け。合間には、手遊びや歌、クイズなどもあった。
会場には蚊取り線香がたかれ、熱中症予防に小まめに水分補給も忘れなかった。

 

カテゴリー:教育・文化2014年7月31日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single