山陽小野田市内の各小学校で就学時健診

山陽小野田市内の各小学校では、来春入学する子どもたちの就学時健康診断が行われている。高泊(今本美智子校長)では5日、52人が保護者と一緒に来校。緊張と期待が入り交じった表情を浮かべながら健診を受け、新生活に胸を膨らませた。

校医が身長や体重など成長状況を調べた。ほとんどの子どもたちは初めての小学校とあって最初は不安そうだったが、案内役の5年生が優しい言葉を掛け続けたこともあり、いつしか笑顔があふれていた。

西福寺保育園の濱野大吾ちゃんは「勉強したり遊んだりするのが楽しみ」とにっこり。5年生の西岡日凪瀬(ひなせ)君は「入学後は学校が面白くなるよう、いろんなことを教えてあげたい」と話していた。

保護者を対象に、子育て講座と児童クラブの説明も実施された。

来春の入学予定者は554人(5日現在)。健診は9月下旬に埴生小で始まり、11月30日まで各校で行われる。

カテゴリー:教育・文化2017年10月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single