山陽小野田で県交響楽団コンサート

山陽小野田市が主催する文化事業の県交響楽団コンサートは22日、市文化会館で開かれた。約330人の聴衆が迫力あるオーケストラの演奏を堪能した。楽器を体験できるイベントも初めて行われ、子供たが団員から手ほどきを受けていた。県交響楽団共催。

福田隆さん(国立音楽大教授)の指揮の下、ベルディの「ナブッコ序曲」で開幕した。続いて、ヨハン・シュトラウスⅡの「美しく青きドナウ」、ルロイ・アンダーソンの「ワルツィング・キャット」など5曲を中心に演奏し、音色を会場に響かせた。
合間にはオーケストラが使用する弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器の紹介もあり、各楽器ごとに「となりのトトロ」の「さんぽ」を演奏した後、オーケストラで披露し盛んな拍手を受けた。
同楽団は1995年に創設。約100人が所属し「みんなの山響」を合言葉に、毎年12月の定期演奏会をはじめ、県内の小・中学校、高校を訪問する巡回芸術劇場演奏会、バレエやオペラ、劇団との共演、野外コンサートなど、多彩な演奏活動を行っている。

カテゴリー:教育・文化2014年6月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single