山口市歴史民俗資料館で「大・台所展」

山口市歴史民俗資料館の昔のくらし展示「大・台所展」は、春日町の同館で開かれている。多彩な調理用具や食器、火おこしの道具、水がめなど67点を展示。誰にとっても身近な台所をテーマに、生活の移り変わりを伝えている。5月6日まで。

昭和を中心に、江戸時代以降の道具類を並べている。飯笊(めしざる)は、夏場に炊いた米を保存する道具で、風通しのよい軒下などにつるして利用された。雲助(うんすけ)は、上部に注ぎ口のついたつぼ。名称は山口県より南の地域特有のもので、しょうゆや酒の容器として使われたという。

家族1人ずつの箱膳は、ふたは裏返して食台として用い、中に食器や箸を収納できる優れもの。この他、羽釜や電子ジャー、しちりん、水道関係の書類など、火や水に関わる資料も展示されている。木製の弁当箱など、実際に手に取って眺められるコーナーもある。

料金は100円。18歳以下70歳以上は無料。時間は午前9時~午後5時(入館は4時半)。月曜日は休み(祝日の場合は開館し、翌日休館)。

20日、2月17日、3月17日、4月21日の午後1時半からは、学芸員によるギャラリートークもある。

カテゴリー:教育・文化2019年1月12日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter