山口大に「AIシステム医学・医療研究教育センター」

山口大(岡正朗学長)が、人工知能(AI)とシステムバイオロジーの技術を融合させた教育と研究を進める「AIシステム医学・医療研究教育センター」を、医学系研究科・医学部付属病院に設置した。疾患情報などのデータを活用して、診察をサポートするAIシステムを構築。早期の予測診断、予防的介入、難治性疾患の治療法開発など高精度な医療提供と、技術を使いこなせる人材の育成を目指す。国立大学法人での設置は初めて。

医学・医療用に特化した「医用AI」を使えば、健常群と疾患群など膨大な項目のデータを網羅的に解析し、人の目では見つけられない特徴を検出して、病気の早期発見や治療効果の予測が可能。これにシステムバイオロジーの観点から解析を加えることで、発症メカニズムの理解や新治療技術、新薬の開発につなげることができる。

センター長は、システムバイオインフォマティクス講座の浅井義之教授。遺伝子から臓器レベルまで詳細な生理機能シミュレーションによるシステム医学の推進、医用AIによる医療ビッグデータの解析に努める。多階層的な実験システム医学を進めるシステムズ再生病態医化学講座、電子カルテデータの活用などに取り組む医療情報判断学講座、予防医療や先制医療を行う公衆衛生予防医学講座を合わせた4講座が中心。基礎医学研究の推進、新たな医療技術の開発、情報医学の人材育成│を目標に掲げている。

顧問にはシステムバイオロジーの第一人者であり、AI分野でも第一線で活躍する北野宏明・ソニーコンピューターサイエンス研究所社長が就いた。

付属病院では、全病院体制のAI診断支援システム構築を目指しており▽薬剤による不整脈発生リスク予測▽胎児活動データからの母子状態推定技術の開発▽看護記録と患者データに基づく看護の質向上-など七つのプロジェクトを進行中。

浅井センター長は「挑戦性の高い学問領域。研究成果を誰でも容易に使えるソフトウエアとして実装し、病院のシステムに導入することで臨床展開する計画。連携講座や機関と構築する個別化予測医学の基盤を、県全体の医学、医療水準引き上げに生かし、国内外に展開したい」と抱負を語る。

カテゴリー:教育・文化2018年6月12日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ