山口ゆめ花博「KIRARA RING」のパレード実験

第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)のナイトプログラム「KIRARA RING」のパレード実験が25日、山口市阿知須のきらら博記念公園で行われた。約100人の関係者や市民らが、本番さながらに光る浮輪を着け、パフォーマー集団「フラワープリンシパル」と共に公園内の約1㌔を練り歩いた。

花博の一日の締めくくりとして、期間中(9月14日~11月4日)通して実施されるイルミネーションイベント。七色に光る花形のバルーンを身に着けた参加者たちが隊列を組み、軽快な音楽に乗って公園内の花や夜空を見て歩く。公園内のライトアップと共演し、幻想的な夜の情景をつくり出す。

予行演習では、きららドームや海などの光と身に着けたバルーンの動きが重なって色を変える演出、移動中の音響機器の加減などを実験。パレードの最後には、毎日1文字ずつ光の人文字を作って上空から撮影し、参加者全員で「52日の詩」を完成させる企画もある。

参加した藤本菜々子さん(宮野小4年)は「全員のバルーンが違う色になった時、カラフルできれいだった。どんな詩になるのか楽しみ」と笑顔。総合演出を担当した光のアーティスト・高橋匡太さん(京都府)は「参加者が主役となり、一つの物語を紡ぐようなイメージで、手応えは十分。多くの人に参加してもらい、未来に残る思い出をつくってほしい」と語った。

カテゴリー:教育・文化,経済2018年7月26日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter