宇部市立図書館で発達障害啓発の関連本展示 

発達障害啓発週間(2~8日)に合わせて、関連本の展示が山口県宇部市立図書館で開かれている。29日まで。行政と民間団体でつくる市発達障害児を支えるネットワーク協議会が実施。展示コーナーは、自閉症や発達障害の理解を求めるシンボルカラー、ブルーを基調に飾り付けた。

展示している図書は、いろいろな障害を想像してみる絵本「どんなかんじかなあ」、自閉症児の育児を描いた漫画「光とともに」シリーズなど約100冊。「大人のADHD」や「発達障害親子支援ハンドブック」もある。同協議会が作製したサポートブック「そらいろ」の見本も紹介。発達障害のある子ども、家族、支援者らが日常生活や社会生活で活用できる情報をまとめた冊子で、手に取って中身を確認する人も見られた。

カテゴリー:教育・文化2018年4月4日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter