宇部市の姉妹都市から高校生ら来日

宇部市の姉妹都市、豪州ニューカッスル市から、日本語スピーチコンテストで優秀な成績を収めた高校生4人と引率教諭1人が25日、宇部入りした。早速、市役所を訪問し、久保田后子市長から歓迎を受けた。

訪問者は、メリーウェザーハイスクール1年のアレクサンダー・プライス君、コタラハイスクール2年のジャック・パスロー君、ニコラス・スチュアート君、ウィリアム・ファーガソン君、同校のジル・ワグナー教諭。

5人はそれぞれ、日本語で自己紹介。プライス君は「ポケモンやサッカーが好き」、ファーガソン君は「日本の大学に進学してラグビーがしたい」などと、趣味や目標を披露。久保田市長は「皆さん日本語が上手なので、これから1週間の生活は大丈夫。有意義に過ごし、たくさん友達をつくって」と激励した。

それぞれ市内の家庭にホームステイして10月2日まで滞在。ホストファミリーが在学、在勤する中学校を拠点に通学し、小学生や高校生とも交流する。10月1日には、姉妹都市友好協会がココランドで開催するニューカッスルフェアに、一日親善大使として参加する。
久保田市長を表敬訪問したプライス君、パスロー君、スチュアート君、

カテゴリー:行政,教育・文化2017年9月26日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single