宇部フ大付中の稲野君が環境省の騒音防止ポスター図案

環境省が作製した、近隣騒音防止のポスターとカレンダーの表紙に、宇部フロンティア大付属中3年の稲野瑛(あきら)君の作品が採用された。458点の応募デザインの中から最優秀に輝いたもので、28日に相原次男校長が、同校で賞状を伝達した。

稲野君は卓球部に所属。本や漫画を読むのは好きだが、絵を描くのは授業の時ぐらいしかないという。このデザインも、夏休みの課題として取り組み、昨年8月の末に構想3日、制作はわずか1日で仕上げた。
中央には揺り籠ですやすやと眠る赤ちゃん、周辺には「しーっ」と指を口元に当てた月、車、テレビ、携帯オーディオプレーヤーを配した。下関市から電車通学する際に気になるオーディオからの音漏れや、家のすぐそばの高速道路を走行する車の音などをヒントにした。
完成したポスターには「夜中の騒音はとても迷惑なものです。静かにゆっくり眠れるような夜になってほしいと思って描きました」と本人のコメントも添えられている。「背景にムラが出ないようポスターカラーで3回重ね塗りした。全国で1位に選ばれてびっくり」と稲野君。4月からは高校生活を満喫し、将来は父親と同じ精神科医を目指す。
同省では昨年5月21日~10月18日にデザインを募集。中学・高校生を中心に、3歳から60歳代まで幅広い年齢層から応募があった。省内の審査で最優秀1点と優秀賞6点を選出。ポスターは3000枚、カレンダーは2500部作製し、地方公共団体や環境事務所などに配布する。

カテゴリー:教育・文化2014年3月29日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single