名門・宇部高合唱部のOBが8月にコンサート

日本一の歌声が1日限りの復活-NHK全国学校音楽コンクールで2度の優勝経験を持つ宇部高合唱部のOBが、8月16日に旧宇部銀行館(ヒストリア宇部)でミニコンサートを行う。2度目の優勝メンバーである1976(昭和51)年度と77年度卒業生が中心となって4月から練習を重ねており、高校時代の美しいハーモニーをよみがえらせている。

合唱部は昭和20年代(1945~54年)に発足し、65年と74年にNHKコンクールで優勝するなど、当時は立て続けに全国トップレベルの成績を残した。黄金期を支えたのは、54~83年の30年間顧問を務めた和田邦江先生。3年前に亡くなった。部も2002年に活動を休止している。
復活へのストーリーは7年前。76年度卒業生が幹事年となった同窓会「東京かたばみ会」での再会がきっかけ。1歳後輩とも盛んに連絡を取るようになり昨夏、コンサートをすることを決断。76年度卒の長田幸晴さん、白石光芳さん、山田直起さん、77年度卒の飯島千紗子さん、部坂陽子さん、篠川典宏さん、立花純一さんが発起人となって、同窓会名簿や知人を頼りにOBを探し出した。
20~70歳代の30人が混声四部合唱を披露する。長い期間、合唱から離れているため、コンサートの観覧のみ希望という人も多い。練習は4月から開始。市シルバーふれあいセンターや琴芝ふれあいセンターなどを会場に毎月4回、本番まで20回程度行う。仕事や家庭の都合がつかなかったり、関東・関西など遠方に居住していたりと、全員がそろうことはないが、集まったメンバーが昔を思い出しながら、声の抑揚や発音、息の合わせ方を徐々に取り戻している。
曲目は、校歌をはじめ、2度目の優勝時の課題曲「ともしびを高くかかげて」「美しく蒼きドナウ」「わたり鳥」など20曲程度を予定。部坂さんは「年齢は離れているが、同じ部の出身ということで親近感がある。たくさんの人に聞きに来てほしいし、その日までに歌のレベルを上げておきたい」と話した。
コンサート後は、OBの懇親会を開く。出身者を十分に把握できておらず、記事を見てイベントを知った人の連絡を待っている。問い合わせは部坂さん(電話090-2297-7875)へ。

カテゴリー:教育・文化2014年5月26日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single