厚狭高3生徒、全国クリエイティブコンで入賞

厚狭高(市川利明校長)総合家庭科3年生の3作品が、第19回全国高校生クリエイティブコンテスト(全国高等学校家庭クラブ連盟主催)で、優秀賞、文化服装学院賞、佳作に輝いた。同校では毎年、同コンテストで入賞者を出しているが、3作品の入賞は第15回大会(4作品)以来の朗報だ。
入賞したのは、山﨑理恵さんの「薄明光線1」(優秀賞)、安木由芽子さんの「トランプ~キング1~」(文化服装学院賞)、若林ゆりえさんと金丸実希帆さんの「鏡」(佳作)の3作品。いずれも創作ドレスで、「ひらく」というテーマから連想するイメージをデザインに落とし込んだ。同コンテストを目指して2年生の夏休みから製作を始め、1年以上かけて完成させた。
優秀賞の山﨑さんは、雲間から射す光をデザイン化。随所に施した細かいビーズ玉の刺しゅうに最も苦労したという。安木さんはトランプ柄を表現し、各パーツを作ってからドレスの形に仕上げた。若林さんと金丸さんの合作「鏡」は、二つのドレスが鏡に映ったように対称のデザインとなっている。
4人は「完成させるまでたくさん苦労はあったけど、受賞の知らせを聞いてうれしかったし、努力が報われた」と笑顔を見せた。

カテゴリー:教育・文化2014年1月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ