シーズン控え、厚南小でプール掃除

初夏らしい晴天の続く宇部地方。厚南小(小野範雄校長、540人)では16日、6年生99人がプール掃除に励んだ。この日の最高気温は20・7度(午後2時9分現在、市防災危機管理課調べ)と、暑過ぎず絶好の掃除日和。子どもたちは水と戯れながら、作業に精を出した。同校では6月20日から水泳の授業を予定している。

この日は午後の2時限を使って、プールサイドの刈り取られた草の処理やプール内清掃を交代しながら実施。ブラシを手に壁面の藻や汚れをこすり落とし、水しぶきを上げながらデッキブラシで底も磨き上げた。

河野華鈴さんは、足洗い場とシャワーの所にくっ付いた落ち葉を集めたり、たわしで壁面をこすったりした。「今年は平泳ぎで100㍍泳げるようになりたい」と目標。池永竜樹君は、プール底の落ち葉剥がしに苦労した。「大変だけど、みんなに気持ちよく使ってほしい」と力を込めてゴシゴシ。今季はクロールの上達を誓う。

カテゴリー:教育・文化,季節2017年5月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single