ときわ湖水ホールに満開のサクラ展示中

ときわ湖水ホールで開かれている「西畠清順・そらみみの旅│世界をめぐる植物の展覧会」で、開花調整したサクラの展示が4日から始まった。満開のサクラの枝で演出されたコーナーが来場者の目を引いている。サクラの展示は5日まで。

西畠さんが代表を務める「そら植物園」が、今展のために温度調整などをして開花させた2種類のサクラを飾っている。

ピンク色の八重桜・ミクルマガエシは、西畠さんの著書「そらみみ植物園」の中で「天皇がその美しさに何度も御車を引き返した」という逸話から、この通称で呼ばれるようになったと紹介されている。白っぽい花が爽やかな印象のケイオウザクラも、竹筒の花器に生けている。

「一足早い花見を楽しんでいただければ」と、緑と花と彫刻の博物館の中祖敏文係長。開場時間は午前10時~午後4時(入場は午後3時45分まで)。そらみみ展は12日まで。

カテゴリー:教育・文化,季節2017年3月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single