かがく博覧会始まる

企業や地元の大学、高校が科学の魅力を紹介する「第9回市かがく博覧会」が29日、おのだサンパーク2階催事場で始まった。山陽小野田市、山口東京理科大主催。30日まで。時間は午前10時~午後5時。

初日は同大と地元の2高校、4企業が実験コーナーを設置。ガス管を使った万華鏡づくり、葉脈標本の製作、光と音の性質に親しむ体験などが行われ、親子連れでにぎわっている。

人体の科学と薬剤師体験コーナーでは、子どもたちが聴診器で自分の心臓の音を聞いたり、薬の種類を特定したりした。岩本有加さん(本山小4年)は「心臓からどくどくと大きな音が聞こえてびっくり」と笑顔。福本悠乃さん(神原小4年)は「どんな仕事なのかイメージが湧いた」と話した。

30日には同大、サビエル高、小野田高、THK、長州産業が出展する。

カテゴリー:行政,教育・文化2018年9月29日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter