「文化財防火デー」二俣瀬で消防訓練

「文化財防火デー」の26日、宇部市二俣瀬車地の永山本家酒造場事務所で、火災を想定した消防訓練が行われた。従業員や地域住民ら40人が参加。古里の貴重な文化財を守る気持ちと防火、防災意識を高めた。

同事務所は旧二俣瀬村役場庁舎だった。建物は建築当初に近い状態で保存・継承されており、歴史的価値があるとして、国の登録有形文化財(建造物)への登録が決まっている。

二俣瀬ふれあいセンターで行われた開会式では、野口政吾教育長と宇部西消防署の西原敏郎署長が「昨年末は新潟県糸魚川市で大火があった。地域の宝である文化財を後世に伝えるには、地域の住民の協力が不可欠」などとあいさつした。

訓練は1階の給湯室から出火したとの想定。発見者が「火事だー」と大声で知らせ、初期消火。従業員が重要物品を運び出し、地元自治会の5人も水消火器を使って応援消火した。

この後、駆け付けた消防隊が事務所に放水し、延焼を防いだ。同センターに戻って、自動体外式除細動器(AED)の講習もあった。

文化財防火デーは、1949年の1月26日に法隆寺の金堂壁画が焼損したことをきっかけに、災害から文化財を守ろうと、55年から始まった。

カテゴリー:教育・文化2017年1月26日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single