雪花絞りや型染め 8日から「ゆかた」展

2017年6月7日

染と織のまつや

8~11日に「ゆかた展」を開催する。時間は午前10時~午後8時。

京都の老舗メーカー藤井絞の浴衣は、スタンダードな成松絞りや紺白絞りのほか、万華鏡のような絵柄が特徴の雪花絞りや型染めを用意。他とは一味違うデザインを求める人にお薦め。同じく京都の竺仙(ちくせん)は、「型染め」と呼ばれる技法で作られた浴衣を用意。江戸時代から伝わる型紙と、鋭敏な勘を持つ職人が1反ごとに手染めした商品は、紺白を始め、色柄ものや子ども用が並ぶ。この他、卓球の福原愛選手が結婚会見の際に着用していたことで知られる「藤娘・きぬたや」の浴衣も用意する。

また同店では、小さい文字が見えづらい人や、手元の細かい作業を行うする人に最適な「ハズキルーペ」を用意。生理工学を応用した高度なレンズ設計と、スイス製の高品質レンズ素材により、歪みなくハッキリ見える特徴を持つ。メガネのように耳にかけて使うため、両手が使えさまざまなシーンでの対応が可能。メガネやコンタクトの上からの重ねがけもできる。父の日の贈り物などにお薦め。

同店では「有名雑誌でも数多く取り上げられている浴衣を種類豊富に用意しています。気軽に足を運んで」と呼び掛ける。問い合わせは同店へ。

染と織のまつや
住所 宇部市中央町1-6-5
TEL 0836-21-5446
営業時間
定休日
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single-beauty