山陽小野田市募集の指定管理者決まる

 山陽小野田市が募集していた宿泊研修施設きらら交流館の指定管理者に富士商(稲荷町)が決まるなど、市関連施設の指定管理者が十二月定例議会の議決を経てそれぞれ正式に決定した。
 市体育施設(市民体育館、武道館・弓道場、アーチェリー場、市民プール、市野球場など)は晃栄(西高泊)が一括管理する。小野田南部地区都市公園(竜王山公園、本山岬公園、浜河内緑地公園など)ときららビーチ焼野は嶋田工業(西高泊)に決まった。小野田北部地区都市公園施設(東沖緑地、江汐公園など)と山陽地区都市公園他施設(厚狭川河畔寝太郎公園、物見山総合公園など)は市シルバー人材センターが指定管理者になった。小野田斎場、山陽斎場の指定管理者には、北九州市に本社があり埴生に支店を持つ北斗産業に決定した。
 富士商が指定管理者となるきらら交流館

カテゴリー:アーカイブ2008年12月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ