次期行財政改革プラン策定に向け懇話会設置

 宇部市は十八日、二〇一〇年度から一四年度までを計画期間とする次期行財政改革プランの策定に向けて「市行財政改革懇話会」を設置した。民間のアイデアを積極的に取り入れるのが目的で、学識経験者、市民団体の代表者ら十二人に委嘱。会長には、山口大経済学部長の藤井大司郎教授を選んだ。懇話会は今後、プランのキーワードや実施項目などを提案。具体的な策定作業は、庁内組織の行財政改革プラン推進委員会が行い、二〇〇九年度中の完成を目指す。初会合を含め、懇話会の議論内容は市ホームページで公開する。
 委員に委嘱状を手渡す藤田市長(市シルバーふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2008年12月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ