笑顔で迎春準備

 今年も残すところ半月となり、宇部市内では新しい年を迎える準備が進んでいる。
 厚東校区子ども会育成連絡協議会(山田宣彦会長)など主催の三世代しめ飾り作りには児童と保護者、祖父母の百人が参加した。初めての経験で戸惑う子供もいたが、おじいちゃん、おばあちゃんに優しく教えてもらいながら、縄を丸い形に整えていった。小野校区子ども委員会(中村隆夫会長)主催の連だこ作りには地域の四世帯十四人が参加した。たこ揚げは、来年一月に地域で開かれるどんど焼きと二月の平原岳登山で行われる。
 わらを編む児童(厚東小で)

ビニールに絵や文字を書く子供(小野ふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2008年12月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ