農産物直売所「楠四季菜市」が開店3周年

 農産物直売所「楠四季菜市」が、開店から三周年を迎えた。宇部市楠地域で生産された野菜類を中心に販売。生産者と消費者の触れ合いの場として定着し、少しずつ売り上げを伸ばしてきた。温泉開発と農業振興が融合した「楠こもれびの郷(さと)整備事業」の市場調査を兼ねた店舗で、地域の期待感を膨らませている。
 商品は季節的に変動するが、特産品の「万倉なす」や「吉部きゅうり」、有機低農薬米「くすそだち」をはじめ、月に百-百五十品目を販売。営業は午前九時-午後三時、土日・祝日は午後四時まで。二十三日は年末イベントとして、ぜんざいを用意する。三十一日から一月四日までの年末年始は休み。
 生鮮野菜などを買い求める来店者(楠四季菜市で)

カテゴリー:アーカイブ2008年12月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single