のりの集荷作業最盛期

 県内産のりの生産量の八割を誇る宇部市の県漁協岬支店(生田清美支店長)で集荷作業が最盛期を迎えた。十日は生産者四十一人から集めた百万枚が台の上に並べられ、品質ごとに箱詰めされた。
 ノリの養殖は先月上旬から始まった。今年は海水温と栄養に恵まれ、出来は上々。十五日に岡山県で開かれる初競りに出荷される。宇部産ののりは市場でも人気で、東京の百貨店にも並ぶという。
 台の上にずらりと並んだのり(10日午前8時すぎ、岬支店で)

カテゴリー:アーカイブ2008年12月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single