山口国体、宿泊施設確保は半分

 二〇一一年に開催される山口国体で、山陽小野田市は少年男子サッカー、少年男子ゴルフ、成年男子軟式野球の会場となるが、宿泊の受け入れ体制は、予定人数の半分程度の確保にとどまっている。開会中の十二月定例市議会で好川桂司議員(市民クラブ)の質問に加藤佳雄教育部長が答えた。
 宿泊予定者はサッカー六百九十九人、ゴルフ百二十五人の合計八百二十四人を試算しているが、これまでに確保できているのは半分程度の四百二十一人。ホームステイや公民館などの施設での宿泊も検討したが、チーム人数が多いサッカー、メンタルなスポーツでシングル部屋希望の多いゴルフという競技の性格から、受け入れは困難と見ている。このほか国体に合わせ花いっぱい運動、ごみゼロ運動など市民総参加のアクションも検討していく。

カテゴリー:アーカイブ2008年12月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single