イルミネーションコンテスト・クリスマスツリー部門の参加者募集

 冬の常盤公園の夜を彩ろうと、遊園地を会場にした初めての「TOKIWAファンタジア」(ときわ公園まつり実行委員会主催、宇部日報社共催)のイルミネーションコンテストの応募が二十二日、締め切られた。イルミネーション部門には十八社・団体、デコレーション部門には八社・団体の応募があった。一方、最も手軽なクリスマスツリー部門への応募はなかったことから、宇部造園研究会(高畑満夫会長)が高さ一・八メートルのモミの木十本、長州科楽(かがく)維新プロジェクト運営委員会(委員長・小嶋直哉山口大工学部教授)がイルミネーション(一式約二万円相当)十セットを寄贈。二十八日まで参加者を募ることになった。クリスマスツリー部門の申し込み、問い合わせは同実行委員会(電話35-8299)へ。
 十二月六日からイルミネーションを点灯するほか、二十三日午後二時半からはメーン行事のクリスマスフェスタを開催。サンタクロースの国フィンランドの在日大使館の職員も駆け付け、祭りを盛り上げる予定。
 寄贈を受けたクリスマスツリー用のモミの木(常盤公園遊園地で)

カテゴリー:アーカイブ2008年11月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single