新天町「秋の収穫祭」に安心・安全食材ずらり

 宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催の初めてのイベント「秋の収穫祭」は二十一日、同名店街アーケードで開かれた。宇部市内外の農家や生産・加工グループ、こだわりの食材を扱う企業が、生鮮野菜、水産加工物、乳製品などを販売し、商店街に活気があふれた。
 会場の一角では、有機農業を営む千葉県旭市の大松秀雄さん(旭愛農生産組合長)が、餌や飼育環境までこだわって育てたニワトリの卵を使った卵かけごはんも販売され、人気を集めたほか、商店街の二十二店舗も特売品を用意し、来場者を喜ばせた。
 商品を品定めする人たち(21日午前10時20分ごろ、新天町アーケードで)

カテゴリー:アーカイブ2008年11月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ