山陽小野田市地域医療体制検討委が初会合

 山陽小野田市地域医療体制検討委員会の第一回検討会議は十二日、市役所で委員十二人が出席してあり、地域の医療を守るために必要なシステムづくりや住民が担うべき役割について意見交換した。委員長には砂川功小野田市医師会長を選出した。
 医師不足、医療体制の在り方の問題などから地域医療の崩壊の恐れが全国的にクローズアップされる中で、問題解決の道を探ろうと設置した。十二月にも二回目の会議を開き、検討委としての提言をまとめ市長に提出する。地域医療への提言は市民病院の建て替え問題などにも生かされる。平日夜間診療は予算措置後、ハード、ソフトの両面から環境整備し、インフルエンザシーズン前の来秋にも開設するのを目指す。
 地域医療の在り方について意見交換する委員(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2008年11月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single