宇部まつり盛り上げる、成功願い「石炭もち」

 第五十七回宇部まつりの開幕を前に、市発展の礎となった石炭にあやかった「石炭もち」が完成した。関係者によるもちつきが三十日、新天町の中津瀬神社で行われ、まつりの成功を祈願して、つきたてのもちを奉納した。十一月二日の曳山(ひきやま)パレードで沿道の来場者に配る。
 神事には、宇部まつり実行委員会の伊藤隆司委員長、光井一彦副委員長、岩本副市長、第十七代曳山頭の藤崎敏文さんらが出席。青年部のメンバーらと共に玉ぐしをささげ、石炭もちが御利益を授かり、本祭が成功するよう祈願した。
 奉納するもちをこねる伊藤委員長ら(中津瀬神社で)

カテゴリー:アーカイブ2008年10月31日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single