親と子のお菓子教室

 宇部地域の菓子職人たちによる「親と子のお菓子教室」が二十六日、宇部市あすとぴあ四丁目の県菓子工業組合で開かれた。九店舗が自慢の味や秘伝の味を持ち込み、参加した親子二十組六十人にプロのテクニックを伝授した。
 参加者は、イチゴの生クリームケーキと、クリームを詰めたあんこをもちで包んだ大福作りに挑戦。ほとんどの子供たちは、あんこを小さく丸めるのも、もちでくるむのも初めての体験とあって、悪戦苦闘していた。完成後はあちこちで「おいしい」の声が上がっていた。
 クリーム大福づくりを楽しむ親子(県菓子工業組合で)

カテゴリー:アーカイブ2008年10月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ