鵜ノ島小でミュージカル鑑賞会

 鵜ノ島小(田村博孝校長、二百四十四人)で二十一日、文化庁の「本物の舞台芸術体験事業」として、ミュージカルの鑑賞会があった。劇団イッツフォーリーズが「ファーブル昆虫記-コガネムシの愛」を上演。虫たちの一生をテーマとして、歌とダンスでつづられる舞台に、全校生徒がくぎ付けになった。エンディングでは、六年生十一人がステージに上がり、役者たちに交じって軽快なダンスを披露した。
 同事業は、芝居と音楽が融合したミュージカルという芸術に触れることで、その魅力を知り、味わい方を学ぶのが目的。今年度は、中国地方の小学校と総合支援学校計十二校が開催校に選ばれた。宇部市内で選ばれたのは同校だけ。
 役者たちに交じって軽快に踊る6年生(鵜ノ島小で)

カテゴリー:アーカイブ2008年10月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ