秋の花壇コンクール、4個人・団体が最優秀

 宇部市の秋の花壇コンクール本審査は一、二日にあり、最優秀賞には、モデル部門から東岐波の國司久良さん(春秋通算八回目)と花園自治会(同五回目)、花壇部門の学校団体から小羽山小(同五回目)、フラワーガーデニング・プランター部門から西岐波の星野順子さん(同三回目)が、それぞれ選ばれた。國司さんと小羽山小は、それぞれ年間最優秀賞も獲得した。
 國司さんは、花作りのテーマを「インパチェンスと共演」とし、白やピンクなど十色のインパチェンス千株を主役として庭や道沿いの花壇に配置。それを引き立てるように、ペチュニアやマリーゴールドなど二十種類千五百株を植えた。二人は「そばを通る人が『まあ、きれい』と驚いてくれるのが励み」と話す。
 インパチェンスを主役にレイアウトした國司さん夫妻(東岐波花園で)

カテゴリー:アーカイブ2008年10月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single