ペリカン島のソテツ“丸坊主”に

 ペリカン52羽が暮らす常盤公園のペリカン島で13日、恒例の大掃除が行われた。今回はふん害でペリカンや木々に悪影響を及ぼすサギを来させないように、サギが巣を作るソテツの木を丸坊主にした。
 島に飛来するサギは数年前から急増。今春は島に植えられた約20本のソテツすべてのてっぺんに巣を作って子育てをした。主役のペリカンは地面に巣を作るため、上から降ってくるふんに警戒しながらの子育てを余儀なくされた。また、真っ白くふんをかぶった木の葉は景観が悪いだけでなく、変色して枯れる被害も出ている。白須道徳飼育指導員は「来年は良い環境で、ペリカンにたくさんのひなを育ててもらいたい」と話した。
 ソテツの葉や雑草を掃除する飼育員(13日午前10時すぎ、常盤公園のペリカン島で)

カテゴリー:アーカイブ2008年9月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ