山陽小野田市が平日夜間診療を検討

 山陽小野田市は、一次医療機関による平日夜間診療の実施を検討する。十月末にも医療関係者、市消防本部、市民福祉部職員で検討委員会を組織し実現の可能性を探る。
 現在、夜間診療は二次医療機関である市民、山口労災、小野田赤十字病院でほとんど対応している。しかし全国的な医師不足により勤務医の数が限られ、医師の負担が大きくなっている。実現すれば、慢性的な医師不足の中で地域医療の役割分担、連携が効果的に機能。医師にとっては業務の負担が軽減され、患者にとっても救急患者対応時に病院の待合室で待たされることもなく両者にとって朗報となる。

カテゴリー:アーカイブ2008年9月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single