「ものづくり匠の卵技能競技大会」電気工事部門で沖本和也君(宇部工高2年)が2位

 宇部工高(藤井博明校長、四百九十二人)の沖本和也君(電気科二年)がこのほど、下関市であった「ものづくり匠(たくみ)の卵技能競技大会」の電気工事部門に出場し、二位になった。同校の生徒がこの大会で入賞したのは初めて。沖本君は「将来は電気関係の仕事に就きたいので、自信になった」と喜んでいる。
 電気工事部門には十八人が参加。第一種電気工事士(高圧)の技能試験レベルの配線図を基に、縦横九十センチの板の上で配線や結線を行って作品を製作。一時間四十分の制限時間内に完成させる技術力と、精度の高さを競い合った。
 競技大会で2位に輝いた沖本君(宇部工高で)

カテゴリー:アーカイブ2008年9月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ