山陽小野田市内の小・中学校で始業式

 山陽小野田市内のすべての小・中学校で一日、二学期の始業式が行われた。四十四日間の長い夏休みが終わり、教室は久しぶりに児童・生徒たちの笑顔や活気であふれた。
 有帆小(山下茂生校長、二百五十四人)では午前七時四十分ごろに、児童たちが続々と集団登校してきた。午前八時四十五分から体育館で始まった式の冒頭で、山下校長は「二学期は運動会、遠足、社会見学など行事が盛りだくさん。それぞれが目標を持って、チャレンジしてほしい」と激励した。この後、手分けをして教室や廊下、トイレ、校庭などを大掃除。夏休み中の汚れを落とし、新学期の学習環境を整えた。
 教室をピカピカに磨く児童たち(1日午前9時半ごろ、有帆小で)

カテゴリー:アーカイブ2008年9月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ