山口化学展開幕

「おもしろワクワク化学の世界-08山口化学展」が二十二日から、おのだサンパーク二階大催事場で始まった。初日から多くの小学生らが目を輝かせて不思議な世界を体験している。日本化学会中国四国支部主催。県教育委員会、山陽小野田、宇部両市教委、宇部日報社など後援。二十四日まで。
 企業は宇部興産、戸田工業、セントラル硝子、協和発酵、トクヤマなど十一社、学校は山口大、山口東京理科大、宇部高専、宇部高など五校が合わせて二十八ブースを出展。実験は海藻から人工イクラを作ったり、微生物の働きを調べたりと多種多様。小・中学生が主な対象だが、大人でも十分に楽しめる内容となっている。
 顕微鏡をのぞく子供たち(22日午前10時半ごろ、おのだサンパークで)

カテゴリー:アーカイブ2008年8月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ