山陽小野田市が障がい福祉計画検討委の委員募集

 山陽小野田市は、障害者への福祉サービスが計画的に提供されるように施策や目標数値を盛り込んだ「第二期障がい福祉計画」の今年度中の策定に向け検討委員会(二十人)の一般公募委員二人を募集している。
 公募委員の資格は、二十歳以上の市民(国・地方公共団体の議員、職員は除く)で、障害福祉に関心のある人。任期は十月一日から一〇年九月三十日まで。年二回程度の会議を持つ。専用の応募用紙に必要事項を記入し、九月十二日までに市高齢障害課に提出する。郵送、ファクス、メールでも受け付ける。申し込みは〒756-8601山陽小野田市日の出1-1-1、山陽小野田市役所高齢障害課(電話82-1170、ファクス83-9082、メールkorei-shougai@city.sanyo-onoda.lg.jp)へ。応募用紙は市のホームページからダウンロードできるほか高齢障害課、市民活動推進課、南支所、公園通出張所、総合事務所地域行政課、埴生支所、厚陽出張所に置いてある。

カテゴリー:アーカイブ2008年8月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ