山陽小野田市、ふるさと納税第1号は埼玉の男性

 山陽小野田市は十四日、七月から受け付けを始めたふるさと納税「サポート寄付」への初の納付が、埼玉県さいたま市在住の四十代の男性からあったと発表した。ほかにも、数件の問い合わせが入っており、市では「ふるさとサポーターの輪の広がりに期待している。貴重な財源としてまちづくりに活用したい」としている。
 電子メールでの問い合わせ、申込書の請求を経て十一日に振り込まれた(金額は非公開)。申込書のメッセージ欄には「生まれ育った故郷に恩返しができれば」などと記されていた。使途は、市が設定した五つの分野のうち「暮らしと安全を守るまちづくり」(高齢者・障害者福祉、子育て支援、防災・交通安全対策など)を指定している。

カテゴリー:アーカイブ2008年8月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single