いつまでも忘れないで、「カッタ君物語」上映スタート

 先月十六日に病死した常盤公園のモモイロペリカン、カッタ君を悼み、アニメ映画「カッタ君物語」の無料上映が十二日から、ときわ湖水ホールで始まった。初日は市内外から九十人の親子らが訪れ、在りし日の姿を胸に刻んだ。
 映画「カッタ君物語」は一九九四年に宇部市が制作。誕生から成長まで、実際のエピソードが交えられた物語で、原案は育ての親である常盤遊園協会飼育指導員の白須道徳さんが担当した。声優は西村知美さん、大滝秀治さんらで、ナレーションは宮崎淑子さん。
 上映に先立ち白須さんが、大雨の日に水没しそうなペリカン島に発泡スチロール板に乗って近づき、卵を助け出したことや、カッタ君が幼稚園の鏡の中の自分に恋をしたことなど、思い出を話した。
上映は十七日まで。開始時間は午後一時と三時。次回の白須さんの話は十六日にある。
 カッタ君の思い出を話す白須さん(ときわ湖水ホールで)

カテゴリー:アーカイブ2008年8月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ