巡視艇体験乗船で海の環境保全への理解深める

 宇部青年会議所(栗原和実理事長)主催の「体験乗船と海の環境学習」は二十三日、宇部海上保安署などであり、小学生二十五人が、巡視艇の乗船などを通じて、海の環境保全への理解を深めた。
 子供たちはテストキットを使い、水質調査を体験。この後、巡視艇「ときなみ」に乗り込み、宇部から関門海峡まで往復し、海上での交通ルール、環境保護の大切さなどを学んだ。

 巡視艇に乗る子供たち(宇部港で)

カテゴリー:アーカイブ2007年6月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ