埴生芝居、25年ぶりに上演

 二十五年ぶりとなる埴生芝居の上演は二日、糸根神社であった。埴生ふるさとづくり協議会(水田三代春会長)の音頭で、二百五十年前から伝わる伝統芸能を住民たちの手で復活させた。
 埴生民踊愛好会の祝舞「三番叟」に続いて、弁天小僧菊之助役の大田朋子さんら五人の主役が花道から登場。見物客たちは大きな拍手で出迎えると、堂々とした口上やしなやかな振る舞いなど一挙手一投足をじっくりと鑑賞し、四半世紀ぶりの上演を心行くまで楽しんだ。
 25年ぶりに上演された埴生芝居(糸根神社で)

カテゴリー:アーカイブ2008年8月4日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ