山陽小野田市の市章使用が申請不要に

 山陽小野田市は、古里を広くPRするため利用申請が必要だった市章を、名刺や封筒に刷り込むなどして自由に使ってもらう市民サービスを始めた。
 山陽小野田市に含まれる“山”と“小”の文字を融合させ、全体が地球と人の和をかたどり、未来への飛躍と安定、市民の一体感を表している。色はダルブルーグリーン。使用の対象は、市民と市内にある団体や事業所。決められた形状、色(カラー仕様はDIC414、モノクロ仕様は黒70%)で使う。“山陽小野田市”“SANYO ONODA CITY”のロゴと組み合わせたいくつかのパターンがある。市章は、市のホームページからダウンロードできる。市総務課では「良識の範囲内であれば、市をPRするために自由に使ってもらって構わない」と話した。
 申請なしで自由に使えるようになった市章

カテゴリー:アーカイブ2008年7月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single