全国初、山口など5TLOが連携

 山口大を母体とする「山口ティー・エル・オー」(松浦満社長、宇部市常盤台二丁目)はこのほど、岡山、沖縄、四国、長崎の各TLOと技術移転協力に関する協定を締結した。五TLOがそれぞれ保有する特許を相互に紹介することで、より広域に大学の知的財産を流通させ、産業活性化を図るのが狙い。複数のTLOが連携するのは全国でも初めて。
 TLOは大学の膨大な研究成果のうち、実用化が見込めるビジネスの種子(シーズ)を発掘し、産業界に橋渡しする。技術移転した企業から受け取る特許の契約金や使用料などで利益が出れば、大学や研究者に還元する。山口ティー・エル・オーは山大の教官が出資して一九九九年に設立。会員企業は五十社。山大を中心に宇部高専、東亜大(下関市)、徳山高専の知財を保有し、これまでに百六十六件の特許出願、百二十二件の技術移転を行い、約六千七百万円のロイヤルティー収入を得ている。

カテゴリー:アーカイブ2008年7月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ