「アドベンチャーワールド」でカブトムシ採集

 カブトムシの採集を通して自然に触れる「アドベンチャーワールド」は十九日、江汐公園「どんぐりの森」で親子約四百人が参加して開かれ、大きなカブトムシが見つかるたびに雑木林の中で歓声が上がった。山陽小野田市施設管理公社主催。
 知的障害者更生施設みつば園が、施設利用者が社会復帰のために育てているカブトムシ六百匹を提供した。参加者は、あらかじめ木の根元などに放されたカブトムシを落ち葉の下から次々に見つけ出し、持参した虫かごに入れていた。友達と初めて参加した桶谷遼太郎君(厚狭小一年)は「すぐに見つかった。大事に育てたい」と夏休み初日の幸運を喜んだ。
 カブトムシを手にして大喜びの子供たち(19日午前9時半ごろ、江汐公園どんぐりの森で)

カテゴリー:アーカイブ2008年7月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single